確定申告の季節です

今年も確定申告の申告期限が迫ってきていますが、皆さまはもう確定申告は済んでいますか?
個人の確定申告をする必要のある方の中には、今はやりのFXでの収入を確定申告する必要のあるのですが、報告する必要のないFXの会社を選んでいる場合、「ばれないだろう」という思いから、無申告だという方が多いようです。
しかし、取引資料せんをはじめとした、反面資料や反面調査とは、そういった「ばれないだろう」という思いを見事に打ち砕いてくれるもの。
反面の材料というのは、必ず存在するもの。
合致しなくてはいけない札(せん)の片方しかないというのはおかしいものです。
FXは今人気があるだけに、税務署も非常に注目しているところ。
したがって、FXを行っている人は、個人だけど、税務調査官から水面下で注目されていることは明らか。
「ばれないだろう」という甘い気持ちは捨てて、確定申告しましょうね。
正しい申告とは、個人だけではなく法人も同じこと。
法人なら、取引資料せんという反面資料があることをお忘れなく。
税務調査で怪しまれるようなことになれば、反面調査が銀行や取り引き先に入ることになります。
反面調査は取り引き先との関係も悪化しかねませんので、そうならないためにも、日頃から正しい税務処理と申告を行うことが大切になってくるのですよね。
芸能プロダクション所属の芸能人が、税務調査に入られた時、関係先ということで、自宅を調べられたそうですよね。
正しい処理を行っていなければ、周囲に迷惑をかけるということ、取引資料せんという名の反面資料は怖くないのです。