取引資料せん 決算書5

☆営業活動によるキャッシュフロー☆
本業による収入と支出の差額を表すことです。
つまり、本業を行った結果、手元にあるお金がいくら増減したかが分かります。
この項目の合計額がプラスになっている企業とゆうのは、本業が順調に行っているとゆう証拠です。
逆にマイナスの場合は、本業において苦しい状態にあり、現金不足で苦戦しているとゆうことが憶測できます。
ここで着目しておくべきことは、このキャッシュフローのマイナスが続いている企業とゆうのは少々危険な状態と考えておくべきだとゆうことです。
☆投資活動によるキャッシュフロー☆
固定資産や株、債券などの売買した結果を表すことです。
営業活動を行っていくには、設備投資などといった固定資産への投資が必要となってくるため、優良企業においては、この項目がマイナスになっているところが多くあり、またそれが普通のことです。
逆にプラスになっている場合は、会社が所有している設備や、株、債券などを売ったことによって利益が投資分を上回っているとゆうとになります。