リベートって?

取引資料せんは「売上・仕入・費用およびりべート等に関する資料の提出依頼」という内容での郵便物が届くのですが、この名前の中のリベートって何かわかりますか。
経理をしていると知っているとは思いますが、ここで解説。
リベートとはよくニュースで事件にもこのリベートと名前が出ていて、悪いことのように思っている人もいるかもしれませんが、このリベートとはメーカーや卸売行syが流通経路内で販売促進の協力を得るために、取引業者に対して売上金を支払ったりする報償金のことです。
リベートにも種類があり、取引業者が扱う製品の金額や数などに応じて累進的に払われる累進リベートや、専売制の高さに応じた専売制リベート、そしてメーカーの方針に従うことに応じてのロイヤリティリベートといったような種類があります。
ただリベートの操作で流通経路などの支配をしたりする不当な圧力をかけて支払われるリベートもあり、これが問題となっています。
リベートにより小売業や卸売行などの利益がすくなくなる問題もあるのでリベートを廃止するメーカーも増えているのが現状です。
リベートと聞くとどうしても悪いことに聞こえますが、実際はダメなことではありません。今もリベートを利用しているところも多くあります。
口利き料というようなものです。
それの良い悪いは使い方によってになるのではないでしょうか。

8月には協力依頼は来ません

取引資料せんについて今一度おさらいしようと思います。
取引資料せんは、税務署から届く調査依頼書で、反面資料として税務署でデータベース化され、各税務署で利用できるようになります。
さて、その取引資料せんですが、税務署から指定してくるある一定期間において、30万円以上の仕入れ高、10万円以上の売上高と、そして10万円以上に外注費、仲介手数料、広告宣伝費、5万円以上の交際接待費と、記入項目が決められています。
取引先の名前と金額の他に支払先の銀行口座名、口座番号なども記入する必要があるようです。
この一定期間というのは、税務署毎回決まっているものではなく、その都度変わっているようです。
また、調査依頼を受ける企業の事業年度にも関係なく期間を区切ってきます。
その内容の信ぴょう性は、税務署によって検証されます。
提出された取引資料せんと、取引先の申告内容とを比較します。
反面調査は、税務調査の際、取引先に税務調査官が実際に出向いて調べることですが、反面資料は、税務調査の参考資料として付き合わせる資料です。
実際に税務調査の際、税務調査官がひそかに持参しており、税務調査に入られた企業サイドに見えないようにしながら、比較しているのです。
取引資料せんがの協力依頼書が届くのは、6月から7月にかけて。
8月ももう終わりの今現在、届いていない企業には、今年度届かないと思っていいようですね。
まあ、一度依頼書が届き、提出すると、来年度も届くものらしいけど。

納税は自己申告システムだからこそ

日本の税金は自己申告システムです。
その自己申告がはたして正しく行われているかどうかというところに疑問があるので、税務調査や取引資料せんが必要になってくる。
というわけですね。
自分が取引資料せんを提出することによって、取り引き先に迷惑がかかるのではないか?
などという心配をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、取引資料せんとつじつまの合わないような申告をしているところ、または、申告すらしていないところは、税務署に知ってもらうべきです。
出ないと、公平な納税が行われないではありませんか。
万が一にも、あなたが提出した取引資料せんが原因で税務署から目をつけられることになったという情報が相手に知れることはないのですから、公平な納税が行われるためにも、取引資料せんを仕事に支障をきたさない程度で、積極的に行っていってみませんか?
もし税務署や市・県から「今年度のあなたの会社の所得税は〇円です」と提示があれば、公平な納税が行われているかもしれませんが、日本は自己申告スタイル。
無申告にしていて税金を全く納めていないところだってあるかもしれません。
ていうか、無申告企業は実際にある!
それって、非常に腹立たしいことだと思いませんか?
納めている税金に差はあるのに、国から受ける恩恵は広く見れば公平に受けている。
そんなの不公平。
やはり公平に税金を納めるためにも、納税の“ずる”をしている企業は一刻も早く見つけられるべき。
その手助けをするためにも取引資料せんの提出に協力していきましょう。

確定申告の季節です

今年も確定申告の申告期限が迫ってきていますが、皆さまはもう確定申告は済んでいますか?
個人の確定申告をする必要のある方の中には、今はやりのFXでの収入を確定申告する必要のあるのですが、報告する必要のないFXの会社を選んでいる場合、「ばれないだろう」という思いから、無申告だという方が多いようです。
しかし、取引資料せんをはじめとした、反面資料や反面調査とは、そういった「ばれないだろう」という思いを見事に打ち砕いてくれるもの。
反面の材料というのは、必ず存在するもの。
合致しなくてはいけない札(せん)の片方しかないというのはおかしいものです。
FXは今人気があるだけに、税務署も非常に注目しているところ。
したがって、FXを行っている人は、個人だけど、税務調査官から水面下で注目されていることは明らか。
「ばれないだろう」という甘い気持ちは捨てて、確定申告しましょうね。
正しい申告とは、個人だけではなく法人も同じこと。
法人なら、取引資料せんという反面資料があることをお忘れなく。
税務調査で怪しまれるようなことになれば、反面調査が銀行や取り引き先に入ることになります。
反面調査は取り引き先との関係も悪化しかねませんので、そうならないためにも、日頃から正しい税務処理と申告を行うことが大切になってくるのですよね。
芸能プロダクション所属の芸能人が、税務調査に入られた時、関係先ということで、自宅を調べられたそうですよね。
正しい処理を行っていなければ、周囲に迷惑をかけるということ、取引資料せんという名の反面資料は怖くないのです。

取引資料せんで求めれられていること

取引資料せんに各取引先との請求書がひと月に何度も来るような場合は、都度都度記入しないといけないのかな?
ふとそんな疑問がわきました。
請求書って一般的には、月に一度来るものです。
でも、場合によっては、都度都度請求書を送付してくるところもありますよね?
そういう場合って請求書の枚数だけ記入しないといけないのかな?
って思って・・・・。
はたしてどうなんだろう
その疑問に答えてくれる姉は・・・・・
おお!今日は期限がよさそうなので、早速聞いてみると、
「そんなのまとめて記入すればいいに決まっているじゃん!」
と一言で返事が。
考えてみると簡単なおことで、税務署は何を知りたいかっていうと、請求書の回数ではなくって、取引先の請求額がいくらで、いくらの入金をしているかってこと。
請求の回数なんて税務署の反面調査には必要ないってことですよね。
ふと疑問に思った時は、税務署がどんな情報を必要としているのjかっていうことを考えると税務署にわざわざ質問しなくても、自分で理解できることってこれに関しては結構あるような気がしてきました。
反面調査の資料にしたいってことは、取引資料せんを記入する側の支払いに対して、税務調査に入る側が正しくその入金の税務処理を行っているかということを知りたいってこと。
だから、月に何回請求書が来ていて、何回支払ったかということではなくて、いくら支払ったかということを知りたい。
ここで一番ポイントとなってくるのは、金額。
そこを押さえておけば、記入しやしかもしれませんね。

情報管理

「取引資料せん」とは、税務署が税務調査の参考に使うものであることは、何度もお話ししていることですよね。
それは、データベース化されていると言うけれど、情報管理は大丈夫なのかな?って最近疑問に思うようになってきているのです。
だって、さいきんは、情報流出のニュースが後を絶たないじゃないですか?
自衛隊からも情報流出していませんでした?
ああいった極秘情報の流出も怖いけど、個々の情報の流出も怖いです。
取引資料せんの情報の中には、相手企業との情報が沢山入っています。
2重管理では最近は破られているようなので、3重にも、4重にも管理してもらいたいですよね。
最近は何でもパソコンでデータ処理が出来る時代です。
ひと昔前までとは違って、情報処理のスピードとしょの処理の速さは格段の差がありますが、それだけに情報が漏えいすると、とんでもない被害が出てしまう可能性も大いにあるのです。
ハイリスク、ハイリターンといったところでしょうか。
だからこそ、最近はその管理に経費を徹底的につぎ込まなくなってきているのですね。
私の務めている小企業であっても、それは同じこと。
インターネットがつながっているのは社内でも数台だけで、あとな社内管理にしか使えないようになっています。
また、バックアップは必ず最低1日仕事が終わる前に行う必要があります。
在庫管理がうるさい企業なものですから。
大切なのは個々の気持ちです。
企業に対して愛があれば、あのような不祥事は起きませんからね。
私だったら絶対あんなことはしませんよ(ちょっと正義ぶってる!?)
取引資料せんの情報は決して流出してはいけませんよね。

アンケート調査感覚で

不況です。
世の中どこもかしこも。
一体いつになったらこの不況から脱出できるのか分からないくらい長い長い不況に陥っていますね。
でも、そのおかげで、取引資料せんの記入が前に比べて少なくなっている企業、沢山いるのではありませんか。
企業が倒産したり、小口の取引しかなかったような企業は音信不通になってきたり・・・。
まあ、決して喜ばしい事とは言い難いことなんですけどね。
税務署の方でも取引資料せんの量が減っていて処理しやすいでしょうね。
(嫌み?)
でも、税務署からくる取引資料せんのことを校判断している人がいます。
「取引資料せんとは、税務署からくるアンケート調査の様なもの。アンケートに答えてあげるという気軽な感覚で取引資料せんを提出してあげればいい」
と。
取引資料せんをアンケート調査と考えると、確かに気が楽になりますね。
また、取引資料せんは、回収率も税務署いんにとっては成績につながってくるようなので、記入の仕方が分からない時など、担当の方に電話なりで問い合わせをすれば、親切丁寧に回答してもらえるそうです。
しぶしぶ回答していては、誰も取引資料せんを提出しようなんて思わないでしょうからね。
今の時代公務員もサービス業の様なもの。
対応が悪ければ、即座にクレームが来るし、上司からおしかりが飛んできます。
こちらは取引資料せんを書いてやっているんだというくらいの気持ちで記入していてもよいでしょうね。
ってもう、取引資料せんのシーズンとっくに終わってから言っていても仕方ないんですけど、まだ提出していない人で、税務署の方から督促が来ているようであれば、「仕方ないな、協力してやるか」くらいの気持ちで提出してあげていいと思いますよ。

取引先は大丈夫?

しつこいくらい何度も言ってきていますが、取引資料せんとは、提出しなくてはならないという提出義務はないですが、取引先が正しく申告しているかどうかがこれによって分かってきてしまいますよね。
税務調査や脱税を摘発する際に有効になってくる取引資料せんのことを「重要資料せん」と呼ぶほど活用しているそうなのですよ。
取引先が正しい申告をしていなかった場合、もしかしたら、あなたの書いた「せん」が重要資料せん扱いになっているかもしれないのですよ・・・・。
想像するとちょっと怖いですね。
そんなわけで、取引資料せんは、税務署にとって喉から手が出るほどほしいものなので、何度も督促してくるのも、納得できちゃいますね。
でも、悪質な脱税を考えている人というのは「何故それを善に使わないかな」って言うくらい、悪知恵がはたらいていますよね。
だから、取引先に取引資料線の書き方を指導していそうな気がするのは私だけでしょうか。
脱税をとつるんで行っている・・・・ありがちですよね。
特にあのゼネコンコンサルティング会社怪しくないですか?でなかったら、二階大臣と西松建設の関係でしょうか。政治家と献金の関係なんていう私には無縁の世界の取引。
景気も政治も混沌としていますね。
景気が悪い今こそ、政治家の皆さんは政党関係なく、一枚岩になって景気回復に向かって邁進していってほしいところなんですけどね。
どうも国民と政府との間に温度差があるように感じちゃいます。

各国税局のエクセルフォームを利用しよう

取引資料せんは、半ば強制的なようなものであるって以前いったことがありますよね。
だったら、「せん」の作成依頼が来るたびに律儀に提出するのに少しでも楽な方法ってないのでしょうか?
「せん」の作成を楽にしてくれるツールが、管轄の国税局のホームページからダウンロードできるエクセルのフォームです。
慣れないうちは難しいかもしれませんが、一度やってしまえば、次回からもそれを応用してやっていけばいいのでエクセルに慣れていない人でも、初めて記入する際には手書きの方が早いかもしれませんが、次回以降はスムーズに取引資料せんの書類が作成できるのではないでしょうか。
ちなみに私はまだ見ていないのですが、各国税局によってエクセルのフォームがそれぞれ異なっているので、必ず管轄の国税局のホームページからダウンロードしてくださいね。
国税局ってお役所だから、上で一括してひな型を作ってそれを各国税局へ配信しているのかと思ったら違うのですね。
ですから、おそらくは依頼しているシステム管理会社が製作しているのではないかと思うのですが、フォームを作る人のセンスと言いますか、「おお、これは使い勝手が良い!」という取引資料せんのフォームがあれば、「使い勝手の悪いファイルだな」と感じるものもあるそうです。
(お姉さま曰くです)
幸い!?姉の管轄の国税局の取引資料せんのエクセルのフォームはそこそこ使い勝手良いものになっているらしく、エクセル入力に関してはそれほど大変ではないけれど・・・・
でも、やっぱり大変なものは大変なのよ。
とのことです。
やはり姉は強いお方だ。
私には到底太刀打ちできませんわ。

人間関係にも資料せんが欲しい(T_T)

皆様、明けましておめでとうございます。
取引資料せんのブログを書いて、これほどまで自分が長続きするとは正直思ってもみませんでしたが、それだけ取引資料せんが私にとって衝撃的な言葉であり、存在感のあるものなのでしょうね。
取引先とのやり取りを税務署に申告することは、万が一取引先が偽りの申告をしているとすると、その提出する「せん」によってその偽りがバレてしまう恐れもあり、ちょっと怖い気もしますが、相手を信用して申告するのもある意味相手への信頼度を示す上でも大切なことかもしれませんね。
私も、新しい彼氏ができたら、相手を信頼していこう。
ホホホ、過去に裏切られた経験があり、なかなか男性を信頼出来ませんのよ。
(-。-)y-゜゜゜
そういえば昔早くに結婚した友人が、「恋愛はかけひき、結婚は取引よ」って言ってたなあ。
上手な取引を旦那様として、今もその取引がうまく行っているのでしょう。
友人の子供は小学生を筆頭にもう3人もいるのですから。
私も上手な取引をして、早く結婚したいものだわ。いやいや、それよりも先に彼氏を見つけなくてはいけませんね。
(; ̄ー ̄川
出来ることなら、いいなと思う人が出来れば取引資料せんのように、現在の交友関係の恋愛資料せんでも提出してもらいたいところですが、世の中そうはいきませんから、自分の眼力を磨くしかありませんね。
よし、女力を磨いて、「浮気なんて決してしません!」っていうオトコゲットしてやるぞ!!