取引資料せん 税務調査対策

取引資料せんが参考資料になっても、取引資料せんが参考資料にならなくても、万が一税務調査が入ったときのために、日ごろから税務調査対策をしておく必要があります。 
それは、
●もし以前に調査を受けていたのなら、その時のの指摘事項を受けて、適切な業務改善をする
●決算業務において、取引残高を取引先ごとに照会する
●調査対策としては勿論のこと、一般業務を円滑に行えるようにするためにも、帳簿・伝票その他の証憑を整理・点検しておく
●倉庫などの整理整頓をする(整理整頓されていたほうが、業務ははかどります。必要書類がすぐに探し出せるのと、そうでないのでは時間ロスに大きな差が出てきます)

当日の実地調査時にも、質問を受けたときには、内容や意図をしっかりと把握した上で、的確な回答をするように心がけるのが良いでしょう。

※雑談時こそ要注意です。気が緩んだ隙に、ポロッと余計な一言を言ったがために、追加で徴収されることは珍しくありません。
口は災いの元になりかねませんよ!!特におしゃべりな方は気をつけるに越したことはありません。
 

Comments are closed.