取引資料せん 税務調査

では、その取引資料せんが参考資料となる税務調査について。
税務調査とは
申告納税制度の下にある日本において、納税者によって計算・申告された課税標準や税額などが、適切に計算されたものかどうか調査することです。

具体的にいうと、税務調査とは、その課税標準や税額などを計算した担当者や、会社の社長に質問したり、帳簿等やの他の物件(会社にある現金や預金通帳)等を検査する他、この会社と取引関係にある第三者に対して、同様に質問・検査する(反面調査)ことです。

税務調査は、こうして厳しく調べることによって、不正することがないよう、申告納税制度の基盤となる課税の公平さを保つ役割もあります。
この時大切なのは、納税者の方も、これを嫌がらずに、日常業務や社内管理体制をより円滑にするためのもとと位置付けることがいいのではないでしょうか。

Comments are closed.