リベートって?

取引資料せんは「売上・仕入・費用およびりべート等に関する資料の提出依頼」という内容での郵便物が届くのですが、この名前の中のリベートって何かわかりますか。
経理をしていると知っているとは思いますが、ここで解説。

リベートとはよくニュースで事件にもこのリベートと名前が出ていて、悪いことのように思っている人もいるかもしれませんが、このリベートとはメーカーや卸売行syが流通経路内で販売促進の協力を得るために、取引業者に対して売上金を支払ったりする報償金のことです。
リベートにも種類があり、取引業者が扱う製品の金額や数などに応じて累進的に払われる累進リベートや、専売制の高さに応じた専売制リベート、そしてメーカーの方針に従うことに応じてのロイヤリティリベートといったような種類があります。

ただリベートの操作で流通経路などの支配をしたりする不当な圧力をかけて支払われるリベートもあり、これが問題となっています。
リベートにより小売業や卸売行などの利益がすくなくなる問題もあるのでリベートを廃止するメーカーも増えているのが現状です。

リベートと聞くとどうしても悪いことに聞こえますが、実際はダメなことではありません。今もリベートを利用しているところも多くあります。
口利き料というようなものです。
それの良い悪いは使い方によってになるのではないでしょうか。

Comments are closed.