取引資料せんの記入項目

毎回私の感想をメインにお話ししていて、核心になかなか触れないでいるので、今回は、、取引資料せんで記入する項目についてお話ししていきますね。

取引資料せんでは、まず、科目を記録します。
今回は、簡易式の取引資料せんのエクセルの表を基に紹介していきます。

科目は、「売上」「仕入」「外注費」「リベート」「仲介手数料」「接待交際費」「不動産の賃借料」「建築・工事費」「運送費・備車費」「印刷費」「修繕費」「広告宣伝費」「その他経費」「その他」
を記入します。

次に、取引先の住所、取引先の名称、取引年月日、取引内容(決済または取引のどちらであるか)、取引金額
を記入します。

このほか、出来る限り記入してほしいとされている項目に、取引先の支店名、取引先の部課名、取引先の電話番号、取引先の屋号、決済方法(現金・小切手・手形・振り込み・相殺・その他)、取引の数量、またその数量の単位、取引銀行名、その取引銀行が自社のものであるか取引先のものであるか、口座名、取引品名などの情報、未決済の科目(売掛金・買掛金・未収金・未払金・積立金・保証金・その他債権・その他債務)未決済年月日、未決済金額、その他

となっています。

このほかにも、自社の情報を記入するなど、他にも記入することはありますが、取引資料せんの中でも、面倒なところをメインに書き出してみました。

まあ、面倒なことがあるわあるわ。

これも、正確な税務調査への貢献と思って、取引資料せんを提出する経理担当の方は、頑張っていただきたいですね。

Comments are closed.