情報管理

「取引資料せん」とは、税務署が税務調査の参考に使うものであることは、何度もお話ししていることですよね。
それは、データベース化されていると言うけれど、情報管理は大丈夫なのかな?って最近疑問に思うようになってきているのです。

だって、さいきんは、情報流出のニュースが後を絶たないじゃないですか?
自衛隊からも情報流出していませんでした?

ああいった極秘情報の流出も怖いけど、個々の情報の流出も怖いです。
取引資料せんの情報の中には、相手企業との情報が沢山入っています。

2重管理では最近は破られているようなので、3重にも、4重にも管理してもらいたいですよね。

最近は何でもパソコンでデータ処理が出来る時代です。
ひと昔前までとは違って、情報処理のスピードとしょの処理の速さは格段の差がありますが、それだけに情報が漏えいすると、とんでもない被害が出てしまう可能性も大いにあるのです。
ハイリスク、ハイリターンといったところでしょうか。

だからこそ、最近はその管理に経費を徹底的につぎ込まなくなってきているのですね。

私の務めている小企業であっても、それは同じこと。
インターネットがつながっているのは社内でも数台だけで、あとな社内管理にしか使えないようになっています。
また、バックアップは必ず最低1日仕事が終わる前に行う必要があります。
在庫管理がうるさい企業なものですから。

大切なのは個々の気持ちです。
企業に対して愛があれば、あのような不祥事は起きませんからね。

私だったら絶対あんなことはしませんよ(ちょっと正義ぶってる!?)

取引資料せんの情報は決して流出してはいけませんよね。

Comments are closed.