取引資料せんの季節がやってきました

さて、今年も取引資料せんの依頼の季節がやってまいりました。

税務署から取引資料せんが会社に届いたと言う経理の方沢山いらっしゃるのでは?
取引資料せんとは、国税局から情報収集を目的として各企業へ送る書類で、任意で送られてきます。
そして税務署の方に収集された取引資料せんは、該当する企業の管轄の税務署に送られ、該当する企業の税務調査の反面資料として利用されることもあるそうです。

そんな取引資料船のおかげで経理を担当している姉がまたピリピリしだすのではないかとビビッている妹の私。
Σ( ̄ε ̄;|||・・・

取引資料船のおかげで仕事が忙しくなるのは分かるけど、仕事が忙しくなるせいで家族に当たらないでほしいと思う今日この頃。
まあ、姉の機嫌の悪さのおかげで、取引資料せんについて興味を持ち出したし、こうして多少の知識はついた!?のだから、姉に感謝しなくてはいけないところなんですけど、それにしても、ああ仕事が忙しくなってくると、露骨に家族に八つ当たりする性格を何とかしてもらいたいところです。

あの性格で会社でも仕事しているのかな?
だとしたら、同じ職場の方々がかわいそう。
上司も同僚も姉にすごく気を使いながら仕事してるんだろうな。

取引資料船の郵便が届いた日には、総務の方だって、ビビリそして気を使いながら姉の席に取引資料せんの書類を置くんだろうな。
総務の方、ご愁傷様です。
姉に代わってお礼申し上げます。

Comments are closed.