取引資料せんは実績です

取引資料せんを提出することによって、取引先が申告していなかったりした場合人はその「せん」を利用して脱税を発覚させていくのが、税務署の「せん」の集めている本来の目的です。

ただ、協力してくださいだけでは、なかなか取引資料せんは今まで述べてきたように面倒な書類ですので、思うように取引資料せんは集まってきません。
そこで、取引資料せんを実績とみなすことによって税務署では取引資料せん収集に力を入れるのです。
実績となると、署員たちも力を入れて徴収するようになりますからね。
これはどの会社でも同じことですね。

で、税務署員たちが実績をあげるべく「取引資料せんを提出してください」って催促の連絡を入れてくるのですが、しつこく催促してくる人と言うのは、おそらくは実績が少ないためにそういった取引資料せんの件数で実績を伸ばそうとしているのでしょう。
「成績、悪いのね・・・」って思いながら協力してあげるのもまた税務署の方に対してちょっと上から目線でいられるので、良いのではないでしょうか。

こんなこと税務署の方が見たら激怒しそうですが、取引資料せんを描くのって面倒なことなんだから、そのくらい許してくれてもいいですよね。
大切なのは、取引資料せんによって不正に所得をごまかしたりして脱税しようとしている企業を見つけること。
自分たちばかり正しく納税していて、不正している企業がずっとバレずにいるのは悔しいじゃないですか。
出来ることなら自分の会社と関係のある企業がそのような不正をしていてほしくはありませんが、不正を暴くためにも、「せん」を提出することは大切ですよね。

Comments are closed.